先日発売された、タウン情報誌WINK4月号の広島版と福山版のアートのコーナーに「型染めざんまい二人展」ご紹介いただいております。
とても光栄な事に、片岡鶴太郎様の下に載っています。

d0174037_2381531.jpg



アナログなお方の弓場直子様がブログを始められたそうです。
リンクのやりかたが未だわからないので、アドレスのみで失礼します。。↓


型染とインコ インコの好きな型染屋さんの日々
http://katazomeinko.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-30 23:11

あたたかい1日。

27日は、行こうか行くまいか出かける直前まで迷った末、どうしても行きたかった永岡様の個展最終日とあわせてオペレーションカフェZに参加してきました。

道中、友人ご夫妻に会ってきて、とてもとても嬉しいことになっていて、感無量!嬉しくて嬉しくて。今年一位二位を争ういい事でした。

気持ちも膨らんで、ギャラリーKにて永岡かずみ様個展へ。
ギャラリーに足を踏み入れたとたん、そこは永岡様の世界観で埋め尽くされていて、居るだけであたたかく、ふんわりと包まれているような心地いい空間でした。
大震災のなかでの展示会、不安で一杯だった事とおもいます。そんな中でも作品を見たいとおもわせる、尊い魅力が永岡様の作品の中にはあります。
永岡様お疲れさまでした。

18時〜開催されるオペレーションカフェZの会場カフェZへ。
到着したのは18時前で、参加作家の方は駐車場整備や展示の支度などされている中、お客様と同じ時間に行って早めに帰って、お手伝いらしい事は何もできませんでした。。申し訳ありませんでした。

マスターのあいさつとともに始まり、始まった直後はてんやわんやの人の波。。1メートル先に動くのですら困難なくらいに、大賑わいでした。
人の波も落ち着いたころ、ようやく写真を撮る余裕ができました。
d0174037_22512513.jpg


何かしたいとおもい、この日この時間に集合した作家様やお手伝いに駆けつけて下さった方々やお客様。
みんなのあったかい気持ちが店内にいっぱいに満たされて、元気をたくさん頂けました。
各作品には、メッセージがあり、お買い求めいただいたお客様も、お会計のときに丁寧にメッセージを書き込んでおられる姿。
一つ一つ一人一人に想いがあり、その場に居る事ができて本当によかったです。
わずか二時間のイベントであるにもかかわらず、多く方々が訪れてご協力いただき、作品販売と珈琲の売上の合計は想像を超える結果となったようです。


被災地の方々に1日も早く日常が戻ってきますように。すこしづつ、元気を取り戻し、一歩ずつ歩みだせますように。


しょぼくれていた心に、たくさん元気のエネルギーを満たすことができた1日でした。
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-30 22:58

d0174037_21394338.jpg


カフェ×アトリエZマスターの呼びかけで、急遽東日本大震災の義援金を募るチャリティーバザーが行われることになりました。
東北秋田は私が工芸の勉強をしに二年間過ごしたところです。
東北各地に宮城にも友人もおります。幸い皆無事でしたが、今もなお厳しい状況下におられる方々のために何とかお役にたてればとおもい、とても微力ではありますが、参加表明した次第です。
私は、復興で街がよみがえること、無事家へかえることができることを祈って、かえるの型染め作品とその他印刷物などで参加します。
普段よりお手頃価格帯でご用意しております。

以下カフェゼットHPより。

先日お伝えした通り、東日本大震災義援金募集活動として、
3月27日(日)午後6時から午後8時までカフェ・ゼットにてチャリティーバザーを開催します。
これは売り上げのすべてを寄付させていただくものです。

「作り手」と「買っていただく方」が、気持ちを一つにして支援できるかたちはないものか?と考えた1つの私たちのご提案です。
急な企画のため、気持ちが先走り練れてない部分もあると思いますが、心意気に賛同してくださる方、ぜひお越しください。


「作り手」さんより-----------------------------------

出品された作家の作品は基本的に通常の価格で販売します。
通常価格よりも安く、とも考えましたが、
ちゃんとした対価で手に入れたものは、きっと心の中に留まるはず。
このバザーで手にしたものが傍らにあることで、
純粋な祈りの気持ちを持ち続ける触媒の役割を
はたしてくれることを願っています。

また、作り手の手元には通常価格では販売しにくい作品もあります。
お客さんが喜んでくださるならばと、
そのような在庫を廉価で提供する予定の作家もおります。

[参加予定作家]
・井内淳司(鉄) ・石原清(石原田園ギャラリー) ・石原育子(ポジャギ) 
・植山黄世(陶芸) ・ウナキアヤ(キャンドル) ・江田明裕(ガラス) 
・大江さやか(ガラス) ・小川壮一(備前焼) ・尾崎雅子(ステンドグラス) 
・小野順子(nara) ・加藤直樹(陶芸) ・カタヤマリエ(七宝焼) 
・神山結子(染色) ・北野静樹(染色) ・北村直美(fablique451) 
・5inchマサオカヒロミ(バッグ) ・小林克久(木工) ・小林泰子(造形) 
・白神典大(ガラス) ・杉田修一(水彩・木彫) ・千田稚子(陶芸) 
・十河隆史(陶芸) ・瀧山雄一(倉敷緞通) ・田中晶子&つくし(絵画) 
・時実月夜(絵画) ・鳥越真生也(グラフィック) ・中野由紀子(ガラス)
・ネコヲカヨ(フェルト) ・長谷川勢津子(紙造形) ・林淳子(磁器)  
・細見博子(造形) ・松井朋子(型染め) ・松島千紗(染色) ・三浦奈巳(ファイバーワークス) 
・三宅史家(陶芸) ・村上トモミ(イラスト) ・村上めぐみ(イラスト) 
・矢吹公乃(アートクレイシルバー) ・横田製靴(革) ・渡邊琢磨(備前焼) 
・カフェゼット 

-----------------------------------------------------

北の町を飲み込んだ濁流の映像に、遠くにいるはずの自分も
心が流されしまったような感覚を覚えた人は少なくないと思います。
先週はふとした時にその感覚がよみがえり気持ちが沈み込んでいました。
【 オペレイション cafe Z 】は
遠くから、被災された方々に対してできる小さな支援をしながら、
苦しい想いでいる私たちも一緒に励まし合いたい、と立ち上げた企画です。

けれど、企画を進めていくうちに、
明るい方向を向こうと頑張っている人が、たくさん見つかりました。
それぞれが自分にできることを見つけようと、頑張っている。
思った以上にたくさんの作家さんに賛同をいただいています。
この力に、チャリティーに参加してくださる皆さんの力を添えて
被災地に送り出せたらと思っています。
たくさんの皆様のお越しをお待ちしています。

-------------------------------------------------------------------------------
開催日程:3月27日(日)の午後6時から午後8時まで
開催場所:カフェゼット
※限られた時間での開催で、混雑が予想されます。
※また、駐車場も十分ではございませんので、
なるべく公共交通機関をご利用いただき、
自家用車でお越しのお客様はお乗り合わせの上
お越しになられますよう、お願いいたします。
※またチャリティーの趣旨をご理解の上、
ご来場の皆様にはマイバック等をお持ち頂き、
簡易包装にご協力いただきますよう、お願いいたします。

行き届かない点も沢山あるかと思いますが、
どうかご容赦のほどお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------------------

 by マスター

[売上金・募金先について]
本イベントによる売り上げは、透明性を保つため、
外部監査として石原田園ギャラリーの石原清氏の立会いのもと、
閉会後ただちに集計いたします。
団体名と金額が掲載されることで、集まった金額がきちんと募金されたことを第三者機関を通して公表するため、
売上金のすべてを山陽新聞社会事業団を通じて寄付させていただきます。
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-22 21:41

型染めざんまい二人展

型染めざんまい二人展〜型染めに恋して〜
d0174037_2232450.jpg

d0174037_2224262.jpg

会期: 2011年 4 / 21(木) 〜 26(火)
     10:00 ~ 18:00 会期中無休 

□ギャラリー大町
〒731-0124 広島市安佐南区大町東2丁目7-12 
JR可部線・アストラムライン 大町駅南口から徒歩1分
駐車場3台分あり
TEL/FAX 082-877-3153        
E-mail : g-omachi@ms11.megaegg.ne.jp
HP : ギャラリー大町 で検索


5年前のことだったか。。友人m様の工房に初めて訪問したときに、型染めのカレンダーを見せていただいたのが、弓場様の作品と初めての出会いでした。その後m様通じ初めてお会いしたのが、3年前春のことでした。
そして、1年前型染め弓場様と福山のギャラリーくわみつにて二人展をしたのがきっかけで、今年は会場が広島横川にあるギャラリー大町にてさせていただくこととなりました。
弓場様は型染め暦20年の大先輩で、作風もお人柄も包み込むように優しく、ユーモアがあり、生活のスタイルや、考え方や、、全てにおいてとても尊敬、崇拝しているお方です。
動物も植物も大好きな弓場様、作品からも愛があふれております。
弓場家のインコのキョロちゃんは、弓場家の人々よりも大事に愛情を注がれているそうです。

そんな弓場様との年に一回の夢の展示会、足を引っ張ることのないようにしないと、とおもっております。



DM入稿後、制作をそろそろしないととおもっている矢先に、大地震津波は起りました。
正直なところ、地震発生後数日間はこの非常時に作品展をする意味も見いだせず、制作も大して手に着かず、やりきれない気持ちで悶々と過ごしておりました.
被災地の瓦礫の中で必死に笑顔を作って今この現状を生き抜いている方々に対して、不自由ない生活を送っておきながらへこたれてるのは誠に申し訳ない事です。
  
現在、被災地ではまだまだ最低限の生活を余儀なくしておられる方々が大勢です。そんななかでも、危機的状況を回避し、着々と復興へと向かっているようです。
この大災害を受けて、日本中世界中の人々の意識が大きく変わってきた事とおもいます。
家族や友人や関わりのある全ての人たちとのつながりを温かく感じたり、より大事におもったり、今までの消費社会を根底から見直す大きなきっかけとなり、省エネに対する関心や意識が高まっているようです。
よい方向へ向かうといいです。

私に今できる事はまず自分が元気になるようつとめつつ、目の前のやるべき事を見失わず、喜んでいただけるものつくりをしていく事。できる限りの義援金を送る事です。
1日も早く被災された方々が元気を取り戻し、日常を送ることができますよう。。
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-20 21:01

朗報届く。

この度の東日本関東大震災の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

大震災発生から一週間。連日テレビから伝えられる被災地の被害状況。連絡もとれない日々でとても不安で友人の安否を心配しておりましたが、昨日宮城の友人二人とも、ご家族、家も無事を確認できました!!
本当によかったです。とにかく無事でいてくれて本当になによりでした。
他の東北の友人も無事で、一安心。数日間の緊張も少し解れました。

依然、緊張状態が続く中、テレビやラジオで被災者の方々や、危険が伴うなか、業務にあたられている方々に向けて、応援のメッセージが日本中、世界からも届けられていて、感動して涙が出ました.
緊迫した状況の中疲れきっておられるであろうなかでも、泣いてなどいられない被災地の皆様に、応援の物資とともに日本中世界中で応援していること、伝わって明日へ歩き出す原動力になったらいいとおもいました。
どんな絶望的状況下にあっても、明日は明るいと信じて。

私にできることはほんの少し。募金と節電と1日も早く復興を遂げることを祈ること。
自分の目の前にあることに全力を尽くすこと。

1日も早く、皆が笑って日常を過ごすことができるようになりますように。。。
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-17 20:29

「kimonoでこられ」無事終了〜皆様お疲れさまでした。
d0174037_18383732.jpg
d0174037_18393254.jpg
d0174037_1841093.jpg
d0174037_18422446.jpg
d0174037_18414589.jpg
d0174037_1843334.jpg
d0174037_18434166.jpg
d0174037_18592711.jpg
d0174037_18465154.jpg
d0174037_18481078.jpg
d0174037_18492937.jpg
d0174037_18504060.jpg
d0174037_18511672.jpg
d0174037_1852698.jpg
d0174037_18525938.jpg
d0174037_18533358.jpg
d0174037_1854690.jpg
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-11 19:05

kimonoでこられ 三日目

kimonoでこられ、三日目の日曜日は、昼過ぎから雨模様ではありましたが、たくさんの方々に訪れていただきました。
着物をさらりと着こなす皆様、実に粋で素敵です!
まだ全部を回りきれておりませんが、扇子投げや歌留多遊びなど、雅なあそびも体験できるそうです。
二階では、和を演出するいろんなものがありますよ!。掘り出し物や、あなただけのお気に入り、きっとみつかるはずですよ。ぜひこの機会に。
本日は、お昼過ぎの三時まで。天気も晴れ間がのぞきいい具合ですのでふらり遊びにお越し下さいませ〜
d0174037_8463347.jpg

d0174037_8473873.jpg

d0174037_8482764.jpg

d0174037_854935.jpg

d0174037_849352.jpg

d0174037_8505866.jpg

ワークショップしていただいた皆様ありがとうございました!
皆様どっぷり自分の世界に入り込んで、それぞれの個性のあふれる半襟やトートバックお作りいただきました。いやはや力作!すばらしい集中力です。
出来上がりはまた後日ご紹介します〜
d0174037_858854.jpg

d0174037_859341.jpg

d0174037_8593194.jpg

d0174037_90380.jpg

d0174037_903369.jpg

d0174037_905367.jpg

d0174037_911113.jpg
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-07 09:20

kimonoでこられ 初日

寒の戻りで冷え込む朝、4日から7日までの着物イベント、「kimonoでこられ」スタートしました。
会場は、美観地区川端のレストランと民芸品のお店の間、団子屋さんの向かいの「倉敷物語館」
であります。昨年内装をリフォームしたばかりのとても美しい立派な建物で、面食らいました。
ちょっと通りからはイベントをしているかどうかわかりにくいのですが、思い切って中に入ってきてみて下さい!華やかなmonja様の鹿鳴館時代をおもわせる古い着物で作られたドレスや、お茶席の展示や、手ぬぐい販売、ぜんざいや、気軽に楽しめる着物レンタルや、おもしろ版画、ガラス、小物、人形、着物の紀子様による着付け、着物のお仕立て実演など、いろいろあります。


d0174037_1331117.jpg

↑会場2階からの風景。
d0174037_1341571.jpg

↑私、朋子の部屋。隣には着物の紀子様の部屋。

d0174037_13334881.jpg

↑↓半襟ワークショップに置物でご参加いただきました!
お着物のセンスもナイスなチョイスでした。
参加していただいた方々は皆、着物生活を気軽に楽しんでおられる方で、あらためて、着物っていいなとおもいました。
丁寧に色挿しをされて、素敵な配色の半襟できました。
色がだんだんに濁っていき、蛾になった〜と嘆く方も。そんなことないですよ、いろんな色がいていいですよ。
皆様ひたすら色挿し真剣勝負、お疲れさまでした。ご参加いただきありがとうございました!
d0174037_13363395.jpg

d0174037_14201185.jpg

↓着物の紀子様は着付けや諸々の合間に古い着物をほどいた生地でご自身の着物を仕立て実演しておられます。アイロンやこては専用のもので、ひょいと持ち上げるアイロンですが、金属の塊で重いんです。この重さが肝心なのだそう。アイロンやこての箱はお兄様のお手製。
d0174037_13375316.jpg

↓本日一番のアバンギャルドな着物着こなし大賞の方はこちら、I氏。
好きなものを組み合わせたらこうなったという。
ショッキングなピンクのメッシュの靴下と同じ色の帯締め。
首には蝶ネクタイで、ディテールにもこだわった、なかなか真似できない個性あふれるスタイルでのご登場。
d0174037_1338565.jpg
[PR]
by katazomeiroha | 2011-03-05 14:46