雲の上には

死後の世界があったらいいなと思う。
d0174037_22115956.jpg

先日雨続きの日にアスファルトの上でかえるがひっくりかえってふやけた死骸をみた。
この前も作業場前でひからびてカラカラになった蛙の死骸を見つけた。
いつもかえるを題材にさせてもらっているので、作業場の前ということもあり、畑の方へたぶん苺が好きだっただろうから(憶測)苺の側に埋めて土に還した。

生まれた時から、いのちあるものは皆、死へと向かって進んでいく。
そしてこの世での一生を終えたら、あの世へ旅立つ。

自分の生きているこの世のことしかわからないけど、死後の世界は雲の上か宇宙か私たちの側か、、どこかにちゃんとあって、この世を去った人もかえるもみな、あの世でおいしいものを食べながらあの世の仲間と宴会したり、口笛吹きながら空中散歩したり、カラオケ大会でマイクの取り合いになったり、たまにはこの世の人にもごあいさつ、大きくなったり小さくなったりして、見守っているはずだから、とおもうと、心に風が吹きぬけて、気持ちが軽くなるといいです。

先週東京家族旅行から帰ってきて、調子が悪いなと思っていたら、夏だというのにうかつにも風邪をひいてしまい、すぐ治ると思っていたのだけどたちの悪い風邪のようで、なかなか手強くて、参りました。
母も妹も風邪でダウンしておりましたが、治りかけです。
私もいつもの漢方の先生の処置で只今治りかけ。またしても窮地を救って頂きました。
ここのところ一年は大きな風邪引いたことがなかったのに、油断しました。用心です。

昨日処置室の白い天井を見ながら思ったこと。

この一週間はろくろく作業にもならなかったため、予定がガタガタ。
体が動くということは、ああなんとスバラシイことでしょう!
たまった作業に諸雑用に、張りきって参ります。

お待ち下さっている方々へ。申し訳ありませんが少しお時間下さいませ。
[PR]
by katazomeiroha | 2012-06-23 22:12