国展 大阪会場へ行ってきました。

先日はバスに揺られること約四時間、大阪は天王寺、国展会場の大阪市立美術館へ行って参りました。
国展 6月12日〜17日まで
会場 大阪市立美術館
   天王寺動物園敷地内 

その前に腹ごしらえ、阿倍野駅近くの玄米カフェ実身土(サンミ)でランチ。
お昼時大人気のお店で、店の外まで並んで待っております。
メインはとりの唐揚げあんかけでしたがお肉が食べられないのでなしでお願いしてみると、代わりに車麩のあんかけにしてくださいました!
からだにもやさしくて美味しい美味しいランチでした。ごちそうさまでした。
d0174037_2333567.jpg



迷いつつたどり着きました、国展会場の大阪市立美術館。
d0174037_23333143.jpg

一目散に工芸の展示室へ。
二年前に行った六本木の国展会場の新国立美術館の方が作品数も多く迫力ありましたが、大阪市立美術館は古めかしくシンメトリーの素敵な建物で、作品数は少なかったけれど
ゆっくり見ることができました。
入り口入ったとたんに素晴らしくて圧倒される作品群、ここに住みたい!と思いました。
竹田先生の作品はふんわり包み込むようなやさしい色合いとモチーフで物語があり静かな音が聞こえてきそうでした。
石北様の作品は国展会場で見るとさらに存在感があり素晴らしかったです。

靴選びのポイントを先生より教えていただきまして、新調した靴。おかげさまで長時間歩いても足が痛くなりませんでした。長く歩く時は足にあった靴、大事ですね。
d0174037_23341621.jpg


お昼に連絡をしたら、仕事後会えることになった友人A様。
帰りのバスの時間までのわずかな時間だったけど、顔が見られて、お話しできて、よかったです。
バス乗り場の前でゆっくりはできなかったけれど今度は前もって連絡するから、そのときはもっとゆっくり。

そしてまた約4時間バスに揺られて、うつらうつらしながら家路へ。
[PR]
by katazomeiroha | 2012-06-13 23:30